新型コロナウイルスへの対応について(2020年3月14日)

3月8日、私ども鎌倉雪ノ下教会は、主の日の礼拝を中止しました。何度思い返しても、苦しい決断です。教会のいのちが絶たれるかと思われるほどのことで、このようなことは、関東大震災のとき以来だと聞いています。今後も、私どもの礼拝生活がさまざまな形で制約を受けることは、やむを得ないかもしれません。それは教会にとっての歴史的な危機であり、神に召され、礼拝に招かれている皆さまひとりひとりにとっても、特別な試練であるに違いありません。しかし、このような時だからこそ、み言葉の力を信じ抜きたいと願います。御子イエスを死者の中から復活させられた神は、いかなる方法を用いてでも、教会にみ言葉を与え、これを生かしてくださいます。 

1.インターネット礼拝の推奨

主の日の礼拝こそ教会のいのちであることは、言うまでもありません。けれども、礼拝堂という小さな空間に大勢の人が集まることは、ウイルスの感染という視点から見れば、決して好ましいものでないことも確かです。
そこで、異例のことですが、インターネットを通しての礼拝を推奨します。幸い、礼拝を中止した3月8日より、鎌倉雪ノ下教会のYouTubeチャンネルを開設し、主の日の礼拝の動画を配信することができるようになりました(当教会ホームページのトップからアクセスできます)。今後も、この状況が続く限り、礼拝のライブ配信は続けたいと考えています。また、従来通り、教会ホームページから説教録音・原稿にアクセスすることもできるようにします。インターネットの使用が難しい方には、礼拝録音CDや説教原稿の郵送も可能です。
特に、下記のような方々には、極力インターネットを通しての礼拝をお願いします。教会のさまざまな奉仕があったとしても、決して無理をなさらないでください。
・発熱、咳、くしゃみなど風邪の症状のある方、だるさや息苦しさを感じる方、またご家族や職場に同様の症状が見られる方・新型コロナウイルスの感染により、重症化が懸念される方(糖尿病、心不全、呼吸器疾患の基礎疾患をお持ちの方など)
・混雑した公共交通機関を使わなければ礼拝堂に来ることができない方
 

2.教会堂での礼拝における注意

以下の点につき、ご協力をお願いします。
・教会堂に入る際、手指の消毒・マスク着用をお願いします。
・十分に換気をしますので、温かい服装でお越しください。礼拝中も遠慮なくコートを着用してください。
・礼拝堂に着席の際は、座席をひとつ以上空けてください。また、このようなお願いをすることはたいへん悲しいことですが、教会堂内では(特に近距離での)会話を最小限にとどめ、礼拝後はすみやかにお帰りください。
・これも非常にさびしいことですが、感染のリスクを少しでも抑えるため、讃美歌はしばらく控えます。礼拝前の前奏、礼拝後の退場の奏楽は通常通りです。
 

3.万が一感染者が出た場合

礼拝出席者に感染者が出た場合には、保健所等の行政機関の指導に則って対応します。このようなことが決して起こらないことを願いますが、万が一当教会の礼拝出席者から感染者が出た場合、他の礼拝出席者全員が「濃厚接触者」とみなされ、行政機関から一定期間の自宅待機などを要請される可能性があります。礼拝前の受付での記名にご協力ください。
 
鎌倉雪ノ下教会 長老会
主任担任教師 川崎公平
カテゴリー: 未分類 パーマリンク