教会Q&A

Q初めての人も礼拝に出ていいのでしょうか? Aもちろんです。どうぞいらしてください。 Q礼拝の仕方がわからないのだけど、、。 A受付で礼拝の順序などをお伝えいたしますので、お気軽におたずねください。受付でお渡しする「週報」にも礼拝の順序が記されています。 Q聖書を持っていないのですが、、。 A礼拝に必要なものは受付にもご用意があります。また礼拝の中で使う「交読詩編」は礼拝堂の入り口で借りることができます。 Qどんな聖書を持っていけばいいですか? A私達の教会では日本聖書協会「新共同訳聖書」、日本基督教団出版局「讃美歌」、「讃美歌第二篇」を用いています。事務室で購入することもできます。 Qこどもも一緒に礼拝できますか? Aお子様とご一緒に礼拝なさりたい方は、どうぞご一緒に礼拝をおまもりください。親子で落ち着いて礼拝したい方は、会堂入り口手前の祈祷室をご利用ください。祈祷室では礼拝の映像が流され、小さいお子様のための敷物、おもちゃや絵本もございます。 Qこどもがまだ小さいので、礼拝中が不安です。 A主礼拝の時間には託児の係がおります。ご利用なさりたい方は受付でお声かけください。小礼拝の時間には教会学校でこどものための礼拝をささげております。詳しくは教会学校のページをごらんください。 Q授乳のスペースはありますか? A祈祷室に授乳スペースを設けています。また、祈祷室の横におむつ替えスペースもございますので、どうぞご利用ください。礼拝堂は二階ですが、エレベーターがありますので、ベビーカーであがることができます。 Q足腰がつらいので立つのが不安です。 A礼拝の途中、全員起立することがありますが、立つことがおつらい方はどうぞ座ったまま礼拝をおささげください。 Q献金は必ずしなければいけないのですか? A献金はお気持ちのある方が自由に神様におささげするもので、強制ではありませんのでご安心ください。 Q献金の方法がわからないのですが。 A受付でお渡しする献金袋に入れて、小礼拝では礼拝堂の入り口の献金箱で、主礼拝では礼拝の間にまわってくる献金箱におささげください。 Q教会のお話をもっときいてみたいのですが A礼拝の後、礼拝堂で「新来会者の会」を行っています。教会のこと、集会のことなどどんなことでもご質問にお答えいたします。また、玄関には牧師が立ちますので、どうぞお気軽にお声かけください。 Q礼拝の後、何か教会で集まりはありますか? 礼拝後、地階ホールで昼食サービスがあります。第1・3・5日曜日はうどん、第2日曜日は炊き込みごはん、第4日曜日はカレーです。ぜひお立ちよりください。他にもいろいろな会がありますのでぜひいらしてください。
■聖書と讃美歌について私達の教会では日本聖書協会「新共同訳聖書」、日本基督教団出版局「讃美歌」、「讃美歌第二篇」を用いています。事務室で購入することもできます。
■その他のご案内 受付では補聴器、老眼鏡をお貸ししております。鎌倉駅からの道順,受付から礼拝堂までの様子を写真でご紹介いたします。
■礼拝の流れ (主礼拝の式次第。小礼拝では多少順番が変わります)
奏楽 オルガンの奏楽で礼拝が始まります。
招詞 礼拝へ招かれる神の御言葉を牧師が読みます。
詩編交読 司会と会衆で交互に詩編を読みます。礼拝堂入り口で御貸ししている「交読詩編」を使います。皆様は黒字のところをお読みください。
讃美歌
十戒 神に救われた者が守るべき十の戒めをとなえます。受付でお渡しします緑色の「十戒 主の祈り 使徒信条」と書かれた紙をご覧ください。
聖書 その日の説教で説き明かされる聖書の御言葉が読まれます。 (受付で御貸ししている聖書には、その日読まれる箇所にしおりがはさまっています。)
祈祷 牧師が代表して、神様に悔い改めの祈りをささげます。お祈りの最後には「アーメン」(その通りですという意味です)とご一緒に唱えます。
献金
教会の祈り 一同を代表して、担当の教会員が神様のお恵みに感謝し、また病気の方や困難な状況の方々、世界中の国々、人々のために祈りをささげます。
主の祈り 続けて、主イエス・キリストがこのように祈りなさいと教えてくださった主の祈りを祈ります。受付でお渡しした緑色の「十戒 主の祈り 使徒信条」をご覧ください。
讃美歌
使徒信条 代々のキリスト教会が伝えてきた私達の信仰の言葉を唱えます。受付でお渡しした緑色の「十戒 主の祈り 使徒信条」をご覧ください。
説教 朗読された聖書の御言葉をとおして語られる神の御言葉を牧師がとりつぎます。
祈祷
讃美歌
聖餐(※注) パンとぶどう液を通して、主イエス・キリスト御自身をいただく式です。洗礼を受けている方、幼児洗礼を受けた後信仰告白をなさった方のみいただくことができます。
讃美歌(※注)
祝福 牧師が祝福の祈りをささげます。
報告 教会の様々なことについて報告がなされます。
後奏
※注 毎月第一日曜日、イースター、クリスマスなど特別な礼拝のときのみ行います。 ⇒礼拝・集会について ⇒その他の集会について